データ・サイエンティストは可視化の夢を見るか?

Does Data Scientist Dream of Visualization?

Unity への移植を開始する

おはようございます。 やっと、相関解析システムの Unity への移植を始めました。 某方面で助言をいただけたこともあり、プロトタイピングも比較的スムーズに進んでおります。 あとは相関関数の実装や、音声ファイルなどの読込などの実現、そして GUI の整備…

半自動化 OCR

おはようございます。 我が家の『自炊書籍』も 500 冊近くになりました。 ScanSnap SV600 で丹念にスキャンしてくれている母に感謝です。さて、そのようにして作成した自炊 PDF、そのままだと取り扱いにくいです。 以前述べたとおり、論文など PDF の管理(…

移植のために

おはようございます。ずいぶんな御無沙汰です。 ちょっと本業に忙殺されており、なかなかこちらに記事を書けない日々が続きました。 ここ数年間傾注してきた『相関解析システム』、より多くの方たちに使っていただくには MATLAB から、より一般的なプログラ…

逆行する社会

今日和。おひさしぶりです。 ここのところ、読書ばかりしています。本業の参考資料が中心です。 正直、仕事の本ばかりだと辟易してきます。そこで別種の本を、と、こんな本を選んでみました。 親友のススメで、いまさらながらにして『カイゼン』や『かんばん…

ビジネスマン向け入門書の世界

今日和。良書を乱発している永野 裕之 氏の啓蒙書をざっと眺めてみました。 なかなか良い内容なんですが、いかんせん軽いですね。ビジネス×数学=最強作者: 永野裕之出版社/メーカー: すばる舎発売日: 2015/06/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件)…

オープン・データを解析するにも前処理に手間暇がかかる

今日和。 見事なまでに徹夜明けです。 丸一日かけて、件のオープン・データ(内閣府の世論調査)を統計アプリで分析しやすいように整形してみました。いやあ、手間暇かかりましたね。 政府系のオープン・データを観察するのは初めてのことだったのですが、か…

世論調査のオープン・データを眺めて思案する

今日和。 先日、ラジオ・ニュースで内閣府の『社会意識に関する世論調査』についての報道がありました。 興味を持ったので、内閣府サイトに行って該当データをダウンロードしてきたんですが、中身を見てビックリ! 三重クロス集計の、しかもパーセンテージに…

残念な自己啓発書の世界

今日和。 スキマ時間に自己啓発書を読んでみました。最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓作者: ムーギー・キム出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2016/07/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見るあ…

頭をヒネる写経

今晩和。 「本業」のかたわら、写経を続けて「競プロ」の自習を続けています。プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムとデータ構造作者: 渡部有隆出版社/メーカー: マイナビ出版発売日: 2015/01/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る…

続く写経

今日和。 「本業」のかたわら、写経を続けて「競プロ」の自習を続けています。プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムとデータ構造作者: 渡部有隆出版社/メーカー: マイナビ出版発売日: 2015/01/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る…

写経を続ける

今晩和。 「本業」のかたわら、写経を続けて「競プロ」の自習を続けています。プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムとデータ構造作者: 渡部有隆出版社/メーカー: マイナビ出版発売日: 2015/01/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る…

『競プロ』の独学を再開する

今日和。 実は「本業」があるのですが、協業している方からのレスポンス待ちになっています。 そこで偶には好きなことを、という理由で、『競プロ』の独学を再開しました。 もう、スピード勝負、あんまり考えずに写経していきます。 何故なら、いまやってい…

マーキングの罠

今晩和。 きょうは自炊書籍を相手に暗闘していました。 赤ペンだけでマーキングしているならば、まだ手に負えるのです。具体的に云うと Photoshop による前処理でマーキングを取り除くことが出来る。 ところが此処に青ペンまで併用すると……青インクが純色じ…

忘れていた、ナレッジ・マネジメントへの一里塚

今晩和。 きょう、とある方の tweet で "Papers" という文献管理アプリを知りました。 以前は ReadCube を愛用しようとしていたのですが、どうも OCR (e-Typist NEO)で生成した透明テクストを受け付けないんですね。そこで Mendeley とも比較してみたんで…

「紙と鉛筆」信者

今晩和。 世の中には「『紙と鉛筆』信者」という方たちがいらっしゃるそうです。 どうすんですかね、これからの時代? ただでさえ、管理すべきドキュメント量は増えているのに。 将来をきちんと見据えているのかどうか、率直に疑問。 わたしは GEMBA Note を…

『復活』を聴いて物想う

今晩和。 思うところあって、マーラーの『復活』のクライマックスがふと脳裡に浮かびました。 それをトラヴェリング自己相関関数(traveling ACF)とトラヴェリング相互相関関数(traveling ICCF)によって可視化してみました。 ほんとうに重層的な構造をし…

観音

今晩和。 きょうもしゃかりきになってプログラムの改修を急ぎました。 これを終えたら、もう手を引くことができるだろうから。結果がこれです。これは、あの、『トゥーランガリーラ交響曲』第1楽章(全体)の可視化です。 ラトル版第1楽章の音声に、時間発…

猛省

今晩和。 きょうはちょっと風邪をこじらせてしまい、長めの昼寝をしました。 夕方になってから、懸案となっている作業の続きをはじめ、深夜には GUI からのシステム起動がそれなりに動くところまで持ってきました。 日々、勉強です。 と同時に「悪縁断つべし…

美は細部に宿る——然は然りながら………

おはようございます。 世に『美は細部に宿る』と申します。 そして、その細部に敏感な人が業績を残す、と仰る方もいます。 ですが、その人のデジタル機器の扱い方は雑で、きちんと設定をしてないので、それだけ高精度のデータを取り扱えていなかったりします…

革新への確信

今晩和。 きょうは確定申告に行こうかと思ったのですが、家人が先に出かけたので留守番してました。 そこでこの数年担当してきたシステムをリリースするため、最終的な改修に着手しました。 そうすると出てくる出てくる不備の山、我ながらアタマが痛いです。…

旧交を温める

今晩和。 きょうは高校の同期たちと呑んできました。 いやあ、ほんとうにありがたい、いろいろ勉強になる次第です。 まあ、わたしが相談しているのだから、随分と判官贔屓のアドヴァイスになるのは自然の道理ですが、大学准教授をやっていたり、いくつかの組…

今学期は?

今晩和。 さて、放送大学(学部)の選科履修生だかなんだかになって最初の学期、成績のほうは……? 実は 4 コマ中、マル A は 1 個という体たらくでした。ん〜〜、ナサケナイ。まあ、地道にがんばるしかないですねえ〜〜。

放心状態

今晩和。 今日は昨日のイヤなことがまとわりついて結局一日、養生に努めました。 まあ、仕方ないですね、我が身の不徳のいたすところです。 長い期間、こころの病を患ってきたから、もう若いときのようにはアタマが働きません。 学生時代に一生懸命やってき…

閉口

今日和。 昨日午後はひさしぶりのゼミでした。 そこで新人さんにこちらの担当システムを紹介したのですが、随分とイライラさせてしまいました。 相手は若者とはいえ俊英、こちらは年老いた駄馬、当然かも知れません。やっぱり向いていないことは手掛けるべき…

高々いくら

今日和。 ほんとはもっとフーリエ解析・ラプラス解析について勉強を深めなければならないのですが、なかなか手が着かず。 そこで改修された担当システムの、累積誤差の範囲の推定をやろうと、先日購入した『数値解析』系の類書を眺めています。よくわかる数…

氷解する疑問

今晩和。 この週末は風邪を引いてしまって、自室に籠もって養生しています。 そこで次の本をマーキングしながら通読しました。道具としてのフーリエ解析作者: 涌井良幸,涌井貞美出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 2014/09/30メディア: 単行本(ソフト…

昔取った杵柄……(?)

今晩和。ひさかたぶりに学部生時代の教科書プリントを引っ張り出しました。 『数値解析』のコマの。 担当しているシステムの誤差を推定しなければならないのですが、まったく基本を忘れているのです。 そこで、なつかしの老教授を思い出しながら、計算機イプ…

反省

今日和。 一昨日昨日のがんばりが祟ったのか虚脱状態です。そんな疲労感の中、今回の一件について反省しています。 旧システムはそれなりの計算結果を算出できるようになったものの、いろんな機能が組み込まれていくうちにゴテゴテと肥大化してしまっていま…

一気呵成

おはようございます。 やっぱり眠れません。 そりゃそうです、100 g ぐらいの豆を使って特濃コーヒーを淹れたんですから。というわけで、残っていた作業に取りかかりました。 一気呵成、というぐらいに進みました。 そして同時に、自分の当該分野への理解が…

作り直すべきときが来た

今晩和。 きょうは午前中、本業のほうをやっていたんですが、途中で独断で進むには問題のある局面に遭遇して、判断を仰ぐために中断してしまいました。 ですから、兼ねてからの懸案であったラボの仕事に着手しました。 TDD へと段階的に移行しよう、という話…