読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

データ・サイエンティストは可視化の夢を見るか?

Does Data Scientist Dream of Visualization?

写経を続ける

プログラミング冥府魔道

今晩和。
「本業」のかたわら、写経を続けて「競プロ」の自習を続けています。

とにかくスピード勝負で、参考書掲載のソースコードを打ち込み直すだけに専念しています。
1 日 10 題程度の進み方ですが、個人的にはまあまあ、という感じです。
とにかく小僧の手習いと思って書き写しています。

別に内容については上掲書を当たっていただければ十分なので説明しません。
でも大事なのは、競プロの問題を解くに当たっての「型がある」ことです。
引数としての配列の受け渡し方とか、要所にあたる変数はグローバル化してしまうとか、そういったことが意外と大事なんだなあ、と。
自分は学生時代から教科書や参考書は読んでマーキングするモノの、例題を具体的に紙と鉛筆で解く作業が足りなかったタイプで、いまになって苦労しているので、その欠点を補うために、近年は写経を率先しています。

もう四十代中盤になってしまいました。
これから学位を取るにせよ取らないにせよ、「残り時間」がどんどん減ってきているのを痛感しています。
正直、社会に出た初期のトラブルで障害を負ってしまったせいで、あまりにも大きすぎる loss をしてしまったのは悔やまれます。
でも、それもいまや所与の条件ですから、その制約のなかで最善を尽くしていくのみです。
がんばります。