データ・サイエンティストは可視化の夢を見るか?

Does Data Scientist Dream of Visualization?

忙中閑あり(と致したい)

今晩和。
あいかわらず「本業」の負荷が重い日々です。
いや、それはそれで極めて勉強になる文献とふれ合う機会になったりしているのですが。

そろそろ数学と物理の勉強を再開したい気分です。
放送大学の来学期履修も登録しなければなりません。
それ以前に前学期、学習した入門線形代数と入門微分積分の内容も忘れています。復習の時間を取るべきです。

ちょっとこのままでは……という危機感が強いのでここはひとつ、一日の中の作業時間配分を工夫して、無理矢理にでも自学の時間を増やしていこうかなあ、と思案してます。

あと、大事なこと。
斜め読みするテクストと精読するテクストのメリハリをしっかり付けること。
先ずは、どんな本でもパラパラとめくって大雑把なイメージを掴んでから、速読するか精読するかの是非を決めるべきでしょう。

ほんとにこの努力は結実するのでしょうか?
かなり不安ですが、まあ、やってみるしかないでしょう。