データ・サイエンティストは可視化の夢を見るか?

Does Data Scientist Dream of Visualization?

なんのために勉強し直しているの?

おはようございます。
なんのために数学や物理などを勉強し直しているのか、理由を書いておきます。

自分は 3DCG デザイナーとして社会に出ましたが、不運が重なり、結局いくつかの職種を転々とするような人生を送ってました。
その過程で、3DCG と IT のスキルを中途半端ながらも身に付けることができました。
このキャリア、捨ててもいいんですが、できれば両方とも活かしたいところです。
そこで思い浮かんだのが “Data Visualization”。
そうです、「データの可視化」です。

何度か記してきたことですが、近年は某研究室の手伝いをしていました。
そこで不肖の身ながらも数学や物理を勉強しなおし、MATLAB で『相関解析システム』をコーディングしました。
いわば『音の顕微鏡』です。

f:id:renpoo:20170226195828p:plain
f:id:renpoo:20170226195833p:plain


この研究室の手伝いはいくつかの事情があって辞去させていただきました。
学部生時代の恩師や人生の先輩たちからの忠告もあったので。
でも、やはり、数学や物理、統計分析を中心に自然科学の考え方を活用して、さまざまなデータを可視化することは非常に有効な分析ツールだと確信します。
さいわい、いまでは D3.js のようなフレームワークや GeoGebra のようなツールも出てきて、ずいぶん便利になりました。
それらを活かして、自分自身も学びながら、他の人たちの仕事や学習の役に立ちたい。

だから勉強しなおしているんです。