データ・サイエンティストは可視化の夢を見るか?

Does Data Scientist Dream of Visualization?

不運な「浦島太郎」の述懐

今晩和。
きょうは某所で行われた CG 関係の研究会に、素人として参加してきました。
完全に浦島太郎気分でしたね。

実はわたし、このような『CG 人形』の作者でもあります。
中に擬似的な筋肉を仕込んであります。

f:id:renpoo:20170818163248j:plain

f:id:renpoo:20170824184525j:plain

f:id:renpoo:20170917083907j:plain


そもそも浪人の頃に映画『プロスペローの本』に knock out されて映画監督を志し、絵心のない自分にもできる道は、と 3DCG 基礎理論やロボット工学の初歩を勉強し始めた若者が、大学生時代の自分です。卒研は一生懸命いろんなことを独学して『逆運動学(Inverse Kinematics)の実装』を行い、まあ「なんとか及第」という結果を出しました。指導教授の付けてくれた評定は A でしたが、なにぶん、特定の条件下のマニピュレーターについてしか実験の結果を出せなかったので。その計算結果を可視化(当時は OpenGL の初期)するのも間に合わなかったし。


ですが社会に出てもまともな職場に巡り会えず、おかげで心身を壊して流浪の人生を始めます。
もう、それから二十年以上経つ訳です。
ほんとうに就職氷河期に直面したロス・ジェネ世代は、政策的・経済的・社会的失態のツケをまわされ散々な人生を歩んでいると実感します。


閑話休題
きょうの研究会は、興味深いネタのオンパレードでしたが、これ以上言及するのは控えます。


でも、その研究会の最中、いろいろとネット検索していて、こんな papers を見つけました。
哀しかったですね、愕然とするくらいに。
わたし「も」学生時代構想していた、ロボット工学にたいする Quaternion (四元数)の応用を、卒業後数年の時期に公刊しているのですから。

http://cdn.intechweb.org/pdfs/379.pdf

https://www.researchgate.net/publication/262391661_The_Unit_Quaternion_A_Useful_Tool_for_Inverse_Kinematics_of_Robot_Manipulators


ちょっと自棄酒でも呷って不貞寝したい気分です。
赤の他人に、自分の人生をメチャクチャにされて、おかげでいろんなものを棒に振った鬼としては。
偶には愚痴も言わせてください。


きょうの研究会の内容、ざっくりとは分かるんですが、とてもとても理解できているとは言えないレヴェルです。
やはり自分としては、統計科学などと絡めた『情報可視化 (Data Visualization)』の分野に転進して、なんとか活路を見出したい、と強く願うのでした。