データ・サイエンティストは可視化の夢を見るか?

Does Data Scientist Dream of Visualization?

不作為の罪

今日和。
世情が騒がしくなっていますね。
衆院解散総選挙を前にして、現与党の総理総裁が「責任政党である我々だから任せてください」という主旨のことを仰っております。
そこで以下のツイートを見掛けました。


この GDP 比較が妥当なのかどうか、自分でも世界銀行の統計データを基に検証してみました。
そうしたら “GDP (current US$)” の推移について以下のグラフが得られました。
ちなみにこれは 1995 年を 100% (= 1.0)として正規化してあります。
なおかつ現在(2015 年もしくは 2016 年)時点での US$ を基準に換算し直したものです。


f:id:renpoo:20171007090733p:plain


一覧表は以下に。

Country Code 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
JPN 100 88.2 81.1 73.4 83.1 88.7 78 74.6 80.7 87.3 85.7 81.7 81.7 90.9 94.4 103.1 110.8 111.7 92 86.2 77.3
GBR 100 105.6 116.9 124.2 126.5 125.6 124.1 135.8 157 185.7 195.5 209.1 240 225.7 187 194.2 209.7 212.6 219.2 241.6 230.2
USA 100 105.7 112.3 118.6 126.1 134.2 138.6 143.2 150.2 160.2 170.8 180.8 188.9 192 188.1 195.3 202.5 210.8 217.4 226.4 234.2
SGP 100 109.7 114 97.5 98.2 109 101.6 104.6 110.4 129.9 145 168.2 204.8 218.7 218.9 269 313.1 329.1 341.7 348.6 333.1
CHN 100 117.6 130.9 140.1 148.8 164.6 182 199.7 225.4 265.3 309.9 372.9 481.3 622.7 691.1 825.1 1023.5 1155.9 1296.5 1414 1484.4
AUS 100 109.1 118.4 108.5 105.6 112.8 102.9 107.1 126.7 166.5 188.4 203 231.8 286.6 251.8 310.4 377.7 417.9 425 395.3 364.1
FRA 100 100.3 90.7 93.8 93.2 85 85.9 93.2 114.8 131.9 136.9 144.4 165.4 181.6 167.3 164.4 177.8 166.6 174.5 175.7 150.4
IND 100 109.1 115.4 117 127.4 130 134.7 142.9 168.7 196.8 227.6 258.9 337.9 333.9 372.4 466 495.3 497.8 508.2 557.1 565.6
KOR 100 107.9 100.2 67.3 86.9 100.4 95.3 108.9 121.7 136.7 160.6 180.9 200.7 179.2 161.3 195.7 215 218.6 233.4 252.3 246.3
NLD 100 99.8 92.3 96.9 99 92.4 95.5 104.2 128.1 145.7 152 162.7 188 209.7 192.1 187.3 200.1 185.6 193.5 196.9 168.5
NZL 100 109.7 103.4 88 91.9 82.3 84.3 104.2 138.1 162.6 179.5 174.6 214.8 208.5 189.8 229.3 263.6 276.3 298.3 313.1 271.8
ISR 100 109.8 114.6 115.9 117.2 132.4 130.8 121.1 126.8 135.5 142.9 154.6 179.6 216.8 208.1 234.4 261.8 259.7 292.5 305.8 296.2
ITA 100 111.8 105.8 108.2 106.6 97.5 99.3 108.2 134.1 153.6 158.2 165.9 188.2 204.2 186.6 181.5 194.4 177 182 182.7 155
DEU 100 96.6 85.6 86.6 84.9 75.2 75.3 80.2 96.7 108.8 110.4 115.9 132.7 144.8 131.9 131.9 145 136.6 144.5 149.3 129.5
RUS 100 99 102.4 68.5 49.5 65.7 77.5 87.3 108.8 149.4 193.2 250.3 328.6 419.9 309.1 385.5 513.7 548.7 564 513.5 335.3


現首相としては「責任政党であるからこそ景気回復を実現した」と仰りたいようですが、どうもそうではないのでは?という感が強いです。
なお、この 1995 〜 2015 年のあいだ、政権交代していたのは 2009 〜 2012 年のみです。
これだけ世界の経済成長から取り残されてきた、というのは凄まじいものですね。


急増野党に政権担当能力があるのかどうかは多いに疑問とするところですが、『責任政党』もなにか大きすぎる過ちを過去くり返してきたことは、どうも間違いないようです。


いずれにせよ、投票先を選び出すのが至難、という今回の衆院解散総選挙の模様です。
ただ個人的には、現政権がこれまでの数々の失態の責任を取るべきかと考えます。
どうせ近い将来、「山は動く」でしょうから。